1021年6月 無

2019年03月02日
四代目当主:実栗
mikuri_6 (1).jpeg
6月です。先月は鹿丸と猪介が逝去されました。
鹿丸の遺言を家訓にしたい。

mikuri_6 (2).jpeg
桃之介の自習はこんな感じ。優しさの権現みたいな心の上がり。
技の上がりがアレですけど、多分座学は苦手なんでしょうね。わかるわ~
授業真面目に聞くけど点数取れないタイプでしょ貴方。わかるわ~

mikuri_6 (3).jpeg
そしてこっちは0ヶ月で当主就任した4代目当主の実栗たゃです。
前回一族では結構0ヶ月~1ヶ月当主就任が多かったのでこの感じ久々。

mikuri_6 (4).jpeg
全部上がってるじゃん! 真面目ね~~~
やっぱり土が良い感じ。生真面目で頭が堅そう。

mikuri_6 (5).jpeg
猪介のムッスコの桃之介も今月より実戦部隊。
先月の記事でも言いましたが、今月は蝶太郎がラストです。
なので今月のうちに蝶太郎隊長で桃之介をどうにか普通に戦えるまで成長させてもらわないと来月からピンチすぎるから頑張ってもらう。
来月から実質桃之介牽引状態になるかもしれないのでプレッシャーやばいと思うけど……いやほんとごめん。

mikuri_6 (6).jpeg
実栗世代ラスト子ども&蝶太郎の子どもが来ました!

mikuri_6 (7).jpeg
女の子だーーーーーーーーーーー!!!!!
わーーーーーーーー!!!(ドンドンパフパフ)

次世代、マスコット系男の子と真面目クール女の子とこの女の子で何かこう……魔法少女世代感ある(?????????)

マスコット桃之介「実栗ちゃん! 変身だくま!!」
実栗ちゃん「えぇ…」

mikuri_6 (8).jpeg
わーーーーーーーー! 前回一族の生き残り顔グラーーーー!!
悲願達成メンバーが来るとやっぱりドキってする……肌以外のカラーリング違うから印象は違うけど…
この顔グラ美人と可愛いとイケメンを足して割ったっぽくて贅沢グラだなーと思う。
思いれ滅茶苦茶あるのでドキドキする……恋かな……

mikuri_6 (9).jpeg
技火すげえ!! 体弱々しい!! 全くもって戦い向きじゃない心!! ガッタガタやな!!
心がガタガタすぎて笑ってしまった。本当にハルカ様の子かよ。見事に蝶太郎の引っ張ってきましたね。
技はバーの伸び縮みを見る感じどちらもほぼマックスなので凄く良い技火を貰ってきたと思います。ええやんけワレ……
技水はあれ白浪河太郎様っぽい。また来たんかお前。白浪無いです定期。三羽烏家白浪河太郎様及び白浪と縁深すぎてキレそう。

心水と土が高くて、「得意:手相占い」も相まって非常に女の子らしく、かつ大人しくて争いごとは好まなさそうだ。
手相占いはお婆ちゃんの千草と一緒だね。この子の場合、なんか単純に占いごとが好きそうなイメージある。女性雑誌の星座占いとか凄く好きそうだしお洒落とかにも興味津々だったりの極フツーーーーの女の子かも。控えめで少し臆病っぽそう。この子の場合心土の高さは我慢強いというか、あまり強く言えなくて黙ってしまう…みたいな嫌なことは言えない心のうちに秘めてしまう感じだと思う。我慢強いのではなく、我慢してしまうタイプ。
こんな子を戦場に立たせるの? 残酷かよ俺屍。

実栗世代はみんな心土が良くて心水もそこそこだからみんな真面目で人の気持ちをちゃんと考える子達なのでしょう。
下積み世代……というか本当に戦場を経験しちゃうの心苦しいな。仕方ないけど。

mikuri_6 (12).jpeg
名前は「柿音(かきね)」

実栗世代の名前の由来は「桃栗三年柿八年」でした。桃栗柿世代。おいしそう。
これから実栗達だけで下積み時代を過ごすので地盤を固めるという意味で桃栗三年柿八年。わかりやすいね。

mikuri_6 (13).jpeg
性格とか考えたら薙刀士だったよな~~~~~~~でももう桃之介が薙刀士になっちゃったんだよな~~~

mikuri_6 (14).jpeg
いやでもここは先月父ちゃん達が取ってきた拳法家で!
技火が吃驚するくらい高いし、属性武器も何故か先月2つもポロリしたのでここで拳法家しなくていつするねん。
体土低いけど頑張って避けて。頑張って避けて(2回目)

控えめで大人しそうなレディがこんな露出の高い衣装を身に纏うの焦るな……私の中の男子中学生がドキドキしてしまう。

mikuri_6 (16).jpeg
mikuri_6 (17).jpeg
燦舞颪も届きました。
山から吹き下ろしてくる強風のように、舞い、燦たる剣士となるのだ(後付)

mikuri_6 (18).jpeg
先程も申した通り蝶太郎は今月ラスト。
柿音の訓練はつけられないけど、世代が少しでも楽になるよう桃之介の初陣を見守ってもらわないとな……

mikuri_6 (20).jpeg
柿音の素質は実栗に近い。
実栗やっぱ一番強いんだなあ~。この3人普通に仲良さそうでニコってなります。ほんわかそう。
柿音も桃之介も最初はそこまで表情が変わらなくて淡々としてる実栗にビクッとなってたとは思うけど。

130.png
ほんわか桃栗柿。

mikuri_6 (21).jpeg
これは金を作って桃之介に良い防具を買ってあげなきゃ……っていうスクショ。防具を買うスクショはなかった。ばか。

mikuri_6 (22).jpeg
mikuri_6 (23).jpeg
よし行くぞ!! 泣いても笑っても来月からは新人3人で歩まなければいけない!!
ここでなんとか頑張るぞ!! 白骨城には別に行きません!!

mikuri_6 (24).jpeg
行き先は鳥居千万宮。
後半だと浅い階層で萌子持ちも居るのでついでに取れないかな~と思い鳥居千万宮へ。
でもあまり無理はせず桃之介の訓練をしよう。宝箱も漁るか~

mikuri_6 (26).jpeg
おっ牛頭丸だ。

そういやどちらも薙刀士なんですよね。
遺伝子的には納得なのに何故か親子じゃないから奥義を引き継ぐことは出来ないけど、この訓練期間に奥義を見せることくらいはしようか。

蝶太郎「後で双光蝶太郎斬を見せよう」
桃之介「お、おお~なんか強そうっすね…(名前…)」

mikuri_6 (27).jpeg
蝶太郎つよい。ずっと居てくれ。

mikuri_6 (28).jpeg
桃之介初ランクアップ。技火ええやん~~! 技土が恐ろしいけど、まあ、まあまあ……
心上がりが優しいけどちょっとぶっきらぼうなイメージある。思春期迎えた男子中学生のイメージ。

mikuri_6 (29).jpeg
初進言です。 燃やしたがりかよ。
結構イケイケな進言ですね。そこは猪介似だねえ。
ちなみに今月ずっとこの進言でした。猪介似だ……………

mikuri_6 (30).jpeg
体火の上がりが良い感じ!! 来月がプレッシャーかと思えば結構張り切ってくれてるのかもしれない。
良かった良かった~!

mikuri_6 (31).jpeg
まあまだまだよね。
闇の光刃を装備させております。

mikuri_6 (32).jpeg
優しい心の持ち主だなお前……心火も結構上がってるけど……
なんかこう……文句言いながら何だかんだやってくれるみたいな……ツンデレかな……

mikuri_6 (34).jpeg
剛鉄弓だ! 猪介存命のうちに欲しかった……

mikuri_6 (36).jpeg
次に男が産まれたら良いかも。

mikuri_6 (38).jpeg
心風以外はわりと満遍なく上がる感じね。
体火の上がりが良すぎて最高。

mikuri_6 (42).jpeg
で、まあ結構順調にランクアップを重ねているので、ちょうど二人だけだし神様解放(阿狛・吽狛)をしようかな~と思い、無限鳥居千に向かったわけですよ。引波の御守りも持ってるし無理そうだったら引き返すつもりで。

うん……もうおわかりだと思うんですけど、

mikuri_6 (45).jpeg
蝶太郎が金トラ大将に眠らされてしまった……

これは危ないと思って桃之介で引波の御守りで逃げようと思ったんですけど、桃之介は鈍足なのでなかなか手場が回ってこず……

mikuri_6 (47).jpeg
敵に殴られまくって落ちてしまいました……

頼む蝶太郎、起きてくれ、頼む

mikuri_6 (48).jpeg
あぁ……

mikuri_6 (49).jpeg
やめてくれよ……………

mikuri_6 (50).jpeg
馬鹿野郎……(私が)

金トラ大将ほんと許さない…でも慢心したプレイヤーはもっと許さない…

mikuri_6 (51).jpeg
何だこれは~……これが蝶太郎の最期だっていうのか。
いや、確かに前の記事で「ベテラン勢が居なくなるし子どもだけで下積み時代を過ごすのは心が苦しいけど頑張ろうか~」みたいな事は言ってたけどさあ。蝶太郎が今月で亡くなるのは確定事項だからどっちにしたってこうなるのは知ってるけどさあ。
だから桃之介を少しでも成長させて実栗と柿音を引っ張ってもらおうと思って今月出陣したんだけど……したんだけど……
過程が違うだけでどっちにしたってこの結果は変わることのないことで……

でも、「辛いだろうけど頑張ろう」って思ってた来月出陣再来月出陣を控えていた実栗と柿音の眼の前には敵にやられて満身創痍な桃之介と戦死してしまう蝶太郎でおお、もう……。
柿音に至っては心素質が臆病っぽい子なのにこんな父さんの姿を見てしまったらPTSDになってしまう。しかも大ボスにやられたらなら近づかなかったら良いだけの話だけど道中の敵なんだよな……
兄の桃之介は息絶え絶えだし……あ、桃之介生きてます。まじで若くてよかった……

本当にごめんなさい。慢心してしまった私のせいです。

mikuri_6 (52).jpeg
寿命月なのに戦死になってしまった……本当にごめん蝶太郎……つらい。
神様解放しようなんて言わなければよかった……別に今急ぐ必要なんてなかったのに……油断してた完全に……
火もまだまだ残ってたのに……あぁ……もう……

蝶太郎は見た目の強面長身無骨さとは裏腹に優しくて穏やかで、でもノリが良い普通の何処にでも居そうな兄ちゃんだったな……
バランスが良くて誰と合わせても相性が良い感じ。鹿丸世代の緩衝材。
戦闘も世代では一番体火が高くて術も唯一の円子修得者だったりと、鹿丸が器用貧乏ならこちらはオールラウンダータイプ。一人だけ世代での素質が抜きん出たしマジで天才なんだよな……
心風と心水が高かったので、優しくて鷹揚なタイプだとずっと思ってた。


mikuri_6 (53).jpeg
朱ノ首輪だよな~。鹿丸世代朱ノ首輪の印象が強すぎる。
末っ子だった蝶太郎が母親の千草の死を見た翌月に朱ノ首輪をつけてまで能力強化して鬼朱点倒そうと立ったんだよな~あぁ~
結果はアレだけど、でも蝶太郎が居てくれたからこそ鹿丸世代が出来上がっていった部分もあるし。何が良いとか悪いとか無いんだよな。

蝶太郎は初陣から鏡進言や回復進言多くて、心素質も相まって「あ~家族好きなんだな~」ってぼんやり思ってた。
好きだから呪いを解いた後でも家族のためにあの行動(首輪)をしたんだよなあ。
周りが濃かったので見た目のわりには大人しかった蝶太郎ですが、そこが良いんだよな。

あ~……こうなるなら柿音の訓練をやるべきだったか? いやでもそれだったら結局初陣2人だけで何処かに攻めなきゃいけなかったし、どう考えても奥に進みすぎたせいなんだよな。
この采配を決めたのは蝶太郎と実栗二人だと思うし、蝶太郎は猪介の息子を危ない目に合わせてしまったし実栗は討伐に出させちゃったし、悔やんでも悔やみきれないな……いや私が悪いんだけど。プレイヤーのミスを一族に負わせるな。

mikuri_6 (54).jpeg
あーーーーーーー……お前、お前ーーーー………
それは、「あの人」っていうのは実質「あの人達」で、それって猪介と鹿丸のことだろ……?
お前、蝶太郎さぁ……ほんと……あぁー………滅茶苦茶猪介と鹿丸のことが好きだな……
息子をこんな目に合わせて本当にごめんって猪介に怒られにも行きそうだな……やめてくれ

何か言いたいんだけど、言葉が出ないんだよな……何も言えない。

kokoro_7 (29).jpeg
お力落とすよ。
えぇ…ここから実栗世代が本格始動するんですか……?
いくら蝶太郎が今月亡くなるのがわかってるとは言え、戦死と布団でお別れとじゃ面持ちが全く違うでしょうよ……
実栗世代凄く明るくてポジティブそうな子居ないっぽい真面目で大人しそうな子ばかりだから余計につらい。
あぁ……もう、ほんとごめん……

鹿丸お父さん、いくらなんでもこれは、土砂降りすぎるよ。それでも朝は来る……
実栗世代に突きつけられる現実、あまりにもヘビーすぎる。3人身を寄せ合って生きるしかない。