1020年6月 骨と骨と骨の祭壇

2019年01月06日
三代目当主:鹿丸
sikamaru_6 (1).jpeg
6月です。
鹿丸が元服しました。大人の仲間入りです。
アダルト薄い本読んでもいいわよ。
鹿丸の好みの女神様は椿姫ノ花連様と桃果仙様と野分の前様だと思います。
全員おっぱいが大きい。

鹿丸「やっぱり男なら大きい方を選ぶべきだと思うんだけど、別に小さいのも普通に好きなんだよな。四夜子様もアリ」
猪介「きしょすぎる」
蝶太郎「自分の欲望に正直だなー」

ムッツリスケベからオープンエロ魔神になりつつあるギークボーイ鹿丸。自由かよ。
いやでも、私は鹿丸の心風を「察しの善し悪し」とは捉えてるけど、それとは別にやっぱり風ってフリーダム変人なイメージが強いからなんか……人の気持に理解を示しつつ若干ポジティブになりつつあるという感じかな。ポジティブというか、環境に慣れてきた? って感じ?

sikamaru_6 (2).jpeg
千草は今月ラストです。
健康度赤色なのホントきついから……。
そして千草の最終ステをスクショするの忘れてて確認出来ない。馬鹿である……

sikamaru_6 (5).jpeg
前回槌沢山もらったので売ってお金にします。
朱ノ首輪も一つだけ売る。

sikamaru_6 (6).jpeg
お金が出来たので、ふるさと納税します。
先代当主(拓水)と初代当主(トリヲさん)は娯楽に興味のない男だったけど、鹿丸当主という男は違うぜ。

sikamaru_6 (8).jpeg
娯楽にぶっ込んでやるぜ!! あと宗教も。気前よし!

鹿丸「娯楽部門を発展させるとまんだ○けとアニ○イトととら○あなが出来ると聞いて」
猪介「きっしょ」

sikamaru_6 (9).jpeg
お雫もうちょい!! 頑張れ頑張れお兄ちゃん!!
この、もう少しで術修得ラインに届きそうなのコツを掴みつつあるんだろうな。
一次関数はわかってるけど二次関数でちょっと躓いてる感じ。何故数学?

sikamaru_6 (10).jpeg
くらら覚えてるーーーー!! 蝶太郎スァン優秀ー!!
蝶太郎はあれな、テスト勉強しないし授業中早弁して話聞いていないのに何故か良い点数取れるタイプやろなあ。
鹿丸はノートをキレイに取る事に必死になってるタイプ。でも一応平均は取る(術の値が結構良いので)
猪介は得意分野と苦手分野に差がめっちゃあるタイプ。土が軒並み良いから現国と地理が得意だよ(謎設定)
何の話? ほんとに。 現パロでは無いです。

sikamaru_6 (13).jpeg
今月は、というかこの夏の間は白骨城で太鼓持ち夏合宿です。

8月の選考試合は出ません出ません。鹿丸は絶対に出ない男だぞ。夏コミもあるしな(ない)
御前試合で帝に御挨拶? するわけないだろ! このコミュ障当主が!
鹿丸「いやいやいやいやいやいや無理無理無理無理カタツムリ。絶対に出ません無理です。三羽烏家は不参加って回覧しといて……」
イツ花「わっかりました~」

sikamaru_6 (14).jpeg
なんじゃい。

sikamaru_6 (15).jpeg
sikamaru_6 (16).jpeg
sikamaru_6 (17).jpeg
sikamaru_6 (18).jpeg
sikamaru_6 (19).jpeg
煽るねえ~~~~~~~~~~~~~~~性格悪いね~~~~~~。
黄川人はん、アドバイザー&味方風な立ち位置気取ってますけどこんな事言ってくる人に果たして一族は救済するぞ!って気持ち芽生えるのか。芽生えないでしょ。
前「気長に行こうよ人生はなが……アッめんご」つってたし、地雷の上でタップダンス踊ってるからなあ。猜疑心が湧き上がりますよ。
三羽烏家、今んとこ普通に素直でニチアサ系主人公っぽいやつ居ないから最初から黄川人はんに対して敵愾心持ってる。あの、初っ端アウトレイジ感あったから余計にね。

sikamaru_6 (20).jpeg
赤い火な~し。まあヘイスト(速瀬)取ってるし、今んとこ急いで取らないと! ってやつは無いので良しとしましょう。

sikamaru_6 (21).jpeg
来たわよ~。火花姉さん最後の討伐以来。去年ぶりか。

sikamaru_6 (23).jpeg
猪鹿蝶「「「わ゛ぁ゛ーーーーーーーーーーーーーー!!!????」」」

ホラー映画を観せたら絶対に良いリアクションをしてくれる三人、猪鹿蝶。

sikamaru_6 (24).jpeg
恨み足さんオッスオッス!!

sikamaru_6 (31).jpeg
そしてさようなら。併せを2回したら死にました。
テンポ良く行こう。はい巻いて巻いて。無慈悲カット。

sikamaru_6 (33).jpeg
道中二つ扇ゲットしました~

sikamaru_6 (34).jpeg
サクサクっとここまで。

sikamaru_6 (35).jpeg
鹿丸「宝箱が消えた!?」
猪介「奇術だ!! この間都で曲芸してるやついたぞ!!」
蝶太郎「見たかった!!」

sikamaru_6 (36).jpeg
猪鹿蝶「「「手゛だ゛ーーーーーーーーーーーーーー!!!???」」」

sikamaru_6 (37).jpeg
おっ、お薬だ!!

sikamaru_6 (38).jpeg
クソ雑魚パンチやめてくださいちょっと

sikamaru_6 (39).jpeg
チャージ1回! フリーエントリー ノーオプション併せ!!!

sikamaru_6 (40).jpeg
ちょっとHP高めの右カイナの処理は蝶太郎で。いいダメージだ!

sikamaru_6 (42).jpeg
ガンガンいこうぜ。
太鼓持ちと俺~ドキドキ夏の特別レッスン♥~が待ってるからさっさと十三ノ丸まで行こうね。

sikamaru_6 (43).jpeg
猪介兄貴の珍しい防御進言。
これは……猪介もしかしてホラー苦手か? 足と腕に続けて襲われたもんな。
鬼と戦ってるのにホラーが苦手とはこれいかに。

78.png
ドタバタしすぎだろこの世代。

sikamaru_6 (44).jpeg
太鼓持ちだやったーーーー!! 狩りまくるぞ!!

sikamaru_6 (46).jpeg
よしよし良い戦勝点だ。もっと欲しいけど。

sikamaru_6 (47).jpeg
やぁ~良い戦勝点ですな。

sikamaru_6 (48).jpeg
心火0定期。
技風の勢いが死にましたが、技火がちょっと伸び始めてる。体はまだまだ上がる。

sikamaru_6 (50).jpeg
太鼓持ちおらんやん首拾いには用が無いんだよ死んでくれ!!(過激派)

sikamaru_6 (51).jpeg
は? 戦勝点少なくない? 太鼓持ち見習って。

76.png

sikamaru_6 (53).jpeg
あひぃ~~~~~~!! いつも心にフィーバータイム!!!
そして蝶太郎さんによる鹿丸に対しての鏡進言。かわいいね。

sikamaru_6 (57).jpeg
なんちゅうもんを食わせてくれたんや……なんちゅう戦勝点を……
これに比べると首拾いの戦勝点はカスや………(美味しんぼ)

sikamaru_6 (61).jpeg
ドラァ!!!

sikamaru_6 (62).jpeg
今回ずっと併せで倒しまくってるので技力がカッスカスです。

sikamaru_6 (63).jpeg
太鼓持ちと三羽烏家は……ズッ友だょ。

sikamaru_6 (65).jpeg
帰りました。そして、

sikamaru_6 (66).jpeg

sikamaru_6 (67).jpeg
千草って来訪コメントが「よく笑う」だったんですよね。
お母様の福招き美也様が笑ってるからかな。
よく笑う+得意:手相占いという女の子らしい可愛らしいプロフィールのわりには心の値が全く豊かじゃなくて少々困った記憶があります。
結局は家族以外には冷たいという感じになりましたが。
でもそんな風に捉えられるような進言でした。鏡向けるのがとにかく多い。
トリヲさんの最終形態が少しだけ感情を持った人間だとしたら、千草はそこからスタートしたような感じ。多分家族以外の人の前だとトリヲさんみたいに無表情で物凄く無愛想だと思う。

sikamaru_6 (68).jpeg
初陣が大江山で、そこで初の戦闘不能者だったんだよね、千草は。
結果的にトリヲさんの感情を引き出したのがこの事件だったから凄く皮肉。
第一.二世代の末っ子ちゃんでしたけど、猪介が産まれ火花姉さん逝去後は拓水と二人三脚で次世代を育てていきましたね。
次世代の討伐訓練を担ったのはほぼ千草でした。千草隊の時の千草はお姉さんとしてお母さんとしてしっかり地盤を固めていったと思う。

これは拓水記事でも言ったけど拓水世代は全体的にサポート系ですので、千草も例に漏れずサポート系でした。戦闘では。
素質的にも武器的にもそりゃ次世代の方が強いし千草自体もパッとしない戦闘ではあったけども、それでも次世代の引率をしてた時はすごく安心出来る存在だったからやっぱり年長者というのは凄いな。

sikamaru_6 (69).jpeg
自分の死期を薄々感じ取ってたんだね……
この遺言ねえ、見ようによれば悔しいとも取れなくもないんだけど、千草が言うと「やっと死ねる。良かった」って見えなくもないです。
何回か言ってきましたが、千草は家族が好きで家族以外興味ナシの人です。
勿論、鹿丸たちのことも好きだと思うけど、千草にとって会いたい人ってやっぱりトリヲさん達だと思うんですよね。
鹿丸政権に入ってから、ただ時間と寿命を浪費してた三ヶ月間、何を考えていたんだろうな。

普通、大人になってくるにつれ「時の流れ」は「早い」ものだと感じますよね。でもこの遺言だと「遅い」んだよな。
何をするわけでもなくただ死を待っていた三ヶ月間、時間の流れがいつもより物凄くゆっくりだったんだろうな。
だからまあ、そういう意味でも「やっと死ねる」と解釈出来るかな……って。

77.png
お疲れ様です。