1020年1月 うっかり猪介

2018年12月28日
二代目当主:拓水
takumi_1 (1).jpeg
ウッス1月っす。

takumi_1 (2).jpeg
今までで一番良い……良くない……?
体の上がりがハイパーに良すぎる。千草と蝶太郎は仲良い感じなんでしょうね。
千草は息子を可愛がるタイプだった……よかった。

takumi_1 (3).jpeg
ホォー

takumi_1 (4).jpeg
読めん。

三羽烏(さんばがらす)って口に出すと長いし舌噛みそうだから余計にグッダグダな名前になってると思うんですけどそれは……

takumi_1 (5).jpeg
実は拓水、1才5ヶ月です。は、はははは早いよ~!
健康度は100ですけど、いつ下がってもおかしくない線に片足突っ込んでます。
やだ~……当家の良心が居なくなったら三羽烏家どうなっちゃうん。

takumi_1 (9).jpeg
光陰矢の如しなんだよなあ俺屍。
今月は蝶太郎の初陣もかねてこのメンバーでレッツゴー。
なんか当主は拓水だけど、トリヲさんと火花さんが居なくなって拓水と千草が二人三脚で次世代を育ててる感あっていいな。
そうそう、互いを補うんだってトリヲさんも言ってたしな。

takumi_1 (12).jpeg
今月は九重楼攻めます。
蝶太郎の武器にかまいたちが欲しいんだよな~。そういうわけでゴーゴー。
あと拳法家の指南書が欲しい。この一族指南書揃ってません。ま、白浪もまだ無いんですけど(ガハハ)
白浪に関してはもう未入手のままクリアしても良い気がしてきた。この世界線一族では白浪河太郎さんとは折り合いが非常に悪い。良い神様なんだけどな。

takumi_1 (13).jpeg
オッスオッス。最近よく会うね。
鹿丸と蝶太郎ははじめましてだね~

千草「この人はあの…行く先々でよく会う……なんだっけ……誰?(THE・無関心)」
猪介「嘘だろオイ!?」

takumi_1 (14).jpeg
街頭紙芝居、黄川人。

takumi_1 (15).jpeg
takumi_1 (16).jpeg
takumi_1 (17).jpeg
takumi_1 (18).jpeg
鹿丸「大体こういうのは上げてから下げるやつが多いんだよ。確かにその方が顧客の関心を掴みやすいし話の導入口としても分かりやすいんだけど俺的には(オタク特有の早口)」
猪介「きっしょ」
蝶太郎「せやな」

takumi_1 (19).jpeg
takumi_1 (20).jpeg
鹿丸「え、そこで終わり? ちょっと待って今の話記録に書くからもう一度よく聞かせてくれ。あ、あと確認したい事があるんだけどさっきの意味ってー」
猪介「あいつこういう話になると早口になるの気持ち悪いよな……」
蝶太郎「よしなよ…」 byダンジョン飯

takumi_1 (21).jpeg
あ、赤い火だーーーーーーーー!! 会いたかったよーーーーーー!!
でも位置が絶妙に悪い!!!!! 九重楼の坂を登るのホント下手だから嫌!

takumi_1 (22).jpeg
蝶太郎の初ランクアップ。
さすが素質点ダントツトップ。気持ちいい上がり方。晩年までその調子で頼む。
心風が良くて水もすごい良いので寛大で優しいイメージ。でもまったりマイペース。かわいい。

takumi_1 (23).jpeg
水しゅごいの…………
体火ガンガン上がってくれ……当家は火力不足なのじゃ……

takumi_1 (24).jpeg
坂を登るのが下手。
雨降ってると普通に見えづらいから嫌い。

takumi_1 (25).jpeg
猪介ニキも土がぐんぐん上がるよ~。
地味に心火と心水が一緒。

takumi_1 (27).jpeg
急いで中に入ったけど早速赤い火突入してしまった!
坂でモタツキすぎなんだよなあ……そしてこのアイテムではなく上のかまいたちが欲しいんじゃ!

takumi_1 (28).jpeg
今回の猪介は千草に鏡向けまくりでした。
やはり歳上は基本尊敬の対象として見ているのかもしれない。真面目かよ。
そして初陣の頃より段々進言のバリエーションが富んできた。まあそりゃそうか。

takumi_1 (29).jpeg
ん……?

takumi_1 (31).jpeg
木霊の弓持ってきてねえ~~~~!!
ちょっと猪介ニキ!! うっかりボーイ!!!(猪介のせいにするプレイヤー)
というか技土上がる装飾品買ったつもりだったのに装備すらしてねえ~~!!
うっかり猪介ニキ。かわいい(盲目)

65.png
鹿丸の一言一言に何故か私が一番ハラハラしてる。や、やめなよ……

takumi_1 (32).jpeg
アァーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

takumi_1 (33).jpeg
オァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

takumi_1 (35).jpeg
やったぜ…………………しかもみどろまで来た。最高かよ。

takumi_1 (37).jpeg
現時点ではまだ技水の方が高い。でも初陣中にしては良い感じ。
いやあとにかく蝶太郎のメインウェポンが無事に手に入ってとても嬉しい。
ワタシウレシイハッピーデース。

takumi_1 (38).jpeg
目的の武器がひとまず手に入ったので指南書探しにシフトチェンジします。
今さらだけど、末っ子だった千草が次世代の引率ポジションになってるのグッとくるな。
というか千草に限らずとも末っ子ポジがそういう立場になっていくとあぁ~……って何とも言えない気分になる。

takumi_1 (39).jpeg
そんな千草お姉ちゃんのダメージ。良い感じ。

takumi_1 (41).jpeg
鹿丸は成長途中なので……

ちなみにスクショ撮り忘れていたんですけれど、蝶太郎の初進言は「攻撃、千草に鏡、猪介に回復」でした。かわいい。
家族思いなんだろうなあ。

takumi_1 (47).jpeg
そして鹿丸に鏡。
そう、蝶太郎滅茶苦茶鏡向けまくるんですよ。
初陣の頃の千草も全方位鏡向けマシーンでしたけどね。親子ですなあ。

素質的に一番強い子が満遍なく鏡向けてると犬みたいでかわいいっすね。

takumi_1 (50).jpeg
そんな蝶太郎にほっこりしたのか鹿丸による蝶太郎への回復進言。
このオタク、ちょっと優しくされただけで好感度が上がるやつだ。

鹿丸……鹿丸、現代視覚文化研究会に居そう……(げんしけん)

takumi_1 (51).jpeg
まあでも鹿丸と蝶太郎って心の上がりがちょっと似てるからね。
気が合うとまではいかないけどそれなりに仲は良くやっていけるんじゃなかろうか。

蝶太郎の体火にうっとりする。

takumi_1 (52).jpeg
紅こべにはまだまだだけど、もう既にこんなダメージを食らわせるようになった蝶太郎。強すぎへんか~???

takumi_1 (54).jpeg
懐いとるやんけ。
蝶太郎、鹿丸のオタトーク聞いてくれるんやろな。

何でも言うことを聞いてくれるチョウチョサン。
おや、蝶太郎テキトーなだけの匂いがしてきたぞ?

takumi_1 (56).jpeg
鹿丸の鏡は大体千草。たまに蝶太郎(初陣に鏡……)
猪介には全くない。
お、お前………お前そういうとこやぞ……何で私が焦ってるんだよ……

takumi_1 (57).jpeg
体火もっと上がってくれ(貪欲)

takumi_1 (59).jpeg
ちょ……蝶太郎の心火ーーーーーーーーー!! ご臨終です。
心風めっちゃ上がってるけど水も高めだし、優しくて鷹揚なのは変わらないけど、マジでマイペースだし鹿丸のオタトークもテキトーに相槌売ってるだけな疑惑が浮上してきた。
「なるほど」「すごいな」「悪いのはきみじゃない」のスリーワードを使う感じか。なす悪。

猪介ニキ、心水と心火が同じくらいだ。おほ~……。
鹿丸は変わらずの石。

takumi_1 (60).jpeg
討伐終了です。
指南書ほしかったけど、かまいたちゲット出来てサイコーです。

takumi_1 (61).jpeg
千草隊頑張ったよ~
拓水兄さ~ん!




おまけ~Cパート~

おまけ_10.png